最初にアルバイト
*
ホーム > かに通販 > タラバガニを選ぶコツのお話

タラバガニを選ぶコツのお話

タラバガニを選ぶコツのお話です。

選べるなら、オスの方がおいしいのです。

メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。

タラバガニを食べる目的とも言える脚がおいしいのはどちらかというとどう考えても雄の方がおいしいのです。

さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。

突起が全部で6つあれば、間違いなくタラバガニです。

万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。

よく似ていますが異種のかにです。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

軍手を忘れないでください。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。

残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌だけにしておきます。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。

どうせ買うなら、より安いかにをと悩んで調べてみた方がいるのではないですか。

一つの案をお教えします。

ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば確実に安くなります。

一般的には、小売店や百貨店よりも安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。

今はかに通販も充実しているので、よく調べれば流通コストを省いて安くなっています。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。

※参考
https://kani-direct.com/

蟹しゃぶや刺身は少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。

私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。

これなら、鮮度の劣化によって味が落ちることもなく、いつでも美味しく食べられます。

風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればたちまち美味しくなります。

松葉ガニのメスをセコガニといいます。

メスしかいないので、松葉ガニより小ぶりなかにですが、卵が甲羅の中に詰まっており味も濃厚と言われており、松葉ガニよりも、通好みでファンが一部で知られています。

とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか獲れる許可がおりないため、その貴重さは際立っています。